悩み解消、安心感

未分類

【クレジットカード審査には通りやすい人がいる】

クレジットカード審査には通りやすい人がいます。

日本に住んでいるいろいろな人が作成をするクレジットカード手続きの審査。中には公務員の人もいれば自営業の人もおり、収入が200万円の間の人がいれば年の収入1,000万円以上の人もいます。

また、持ち家に住んでいる人もいれば借家に住んでいる人もおり、今は他社への借入がゼロの人もいれば他社借入が数件で50万円の借入がある人など。

そう、キャッシングサービスの審査に申し込む人には一家で多種多様な属性情報があり、そして個人信用情報機関に登録されている信用情報の内容等も異なっている事例が多いと思われます。ですので、審査に通りやすい人がいれば、この反対に通りにくい人もいます。

もっとも、審査に通りにくい人というのは、居住年数や勤続年数、そしては年収や支払能力情報の内容などなどに不都合がある=両方の理由がはっきりとしている可能性が高くなります。

そんなことなら、そうした逆、すなわち審査に通りやすい人にはどのような特徴があるのか?について今回の記事で解説をします。

クレジットカード手続きの審査に通りやすい人の前提条件はこちら

クレジットカードローン手続きの審査では、申込者の属性や信用情報などを研究しながら自社の審査基準を満たしているのか?を確認してカード発券の可否を判断しています。

という事は、審査に通りやすい人の前提条件は、ここの属性や経済力情報になんとなく手掛かりがありそうですよね?

これで、これからはキャッシングサービスの審査に通りやすい人の条件についていくつか説明します。

■クレジットカードキャッシングの審査で通りやすそうな人の特性■

●フリーローン事故を起こした事が無いような人


クレジットクレジットカードチェックでもっとも重要な事、それは各人の資力情報機関の経済力情報にローン事故が登録されていない事です。

この場合の要素としては、さかのぼって見てみると、重大なファイナンス事故を起こしている人はこれから先、また再びそのようなファイナンス事故の可能性があるからです。

そして、審査において信頼情報にキャッシング事故情報が登録されている事が発覚した場合、この時点で手続きの審査に通らない可能性がたびたび発生します。

というか、意外とのクレジットカードチェックでは、とてもとても高い確率でキャッシングサービスの審査フィックスとなってしまいます。

ですので、今までにファイナンス事故を起こしていない事、あるいは過去にファイナンス事故を起こしていた場合には、支払能力情報からキャッシング事故情報が削除されている事が絶対条件になります。

●勤務先や収入要件がすばらしい


クレジット個人向けのカードキャッシングの審査への入会要件として、毎年我慢して統一した収入という品物があるのが理由なのか、毎年がっしりとした利益が見込める公務員の人は、他の人と比べた場合、審査に通りやすい人と言えます。

そのかわり、公務員や上場会社に勤務していなくても、勤続年数が長い期間(3年ものなので)収入も300万~350万円ものだしの会社員の人も、他の人と比べた場合、手続きの審査に通りやすい人と言えます。

●良好なクレジットヒストリーがある


クレジット銀行又は金融機関が発行するカード手続きの審査では、申込者のキャッシングカードを含めた各種金融物品のプレイ履歴(クレヒス)が重要になってきます。

というのも、クレジットクレジットカード金融機関としては、全くもって新規の人=信頼情報に良好なクレヒスが登録されていない人よりも何年か良好なクレヒスが登録されている人の方が信用力が高いからです。

信用情報に良好なクレヒスが登録されている人は、単月しっかりと支払いを行っているとクレジットカード会社では認識するみたいで、手続きの審査に通りやすいと言えます。

●他社借入=借入がない


クレジットカード審査では、総量制限の借入限度額を超えている人は問答無用で通らなくなりますので、最低限借り入れが年収の1/3未満であるケースがあります。

それに言えば、持っているクレジットカードのカードキャッシング枠そのものが無いので、消費者側ローンからの借金もしなかったという人がキャッシングの審査に通りやすいと言えます。

●短期間での新規契約件数が少ない


手続きの審査では個人信用情報機関の信用情報を照会しますので、その際、信用情報に申込情報が複数登録されていると審査での印象が悪くなってしまいます。

というのも、短期間に複数の申し込みを行っている場合としては、今の生活状況においてお金が足りず、生活資金を捻出するために複数のカード審査への申し込みを行っているのでは?とカード会社から判断されるからです。

そのなかで、少しの時間(入会情報の登録→削除までの6ヶ月間)での新規契約はなるべく少ない、もしくは、まったく存在しないという人はチェックに通りやすいと言えます。

キャッシングサービスの審査に通りやすい人=手続きの審査基準を上回っている人

いかがでしたか?こうした一覧に解説をした内容等を見ていただければ分かりますが、クレジットカードキャッシングの審査に通りやすい人とは、通常の審査基準を上回っている事はもちろん、この信用情報に加えて収益αが必要になります。

なかでも、安心情報に重大なキャッシング事故の登録がないような、勤務先や勤続年数などの条件は審査に通るためには必須な不可欠になりますので、こんな風に通りやすい人の条件を参考に自分の属性や頼りに情報のレベルアップを図っていただければと思います。

クレジットカードローンキャッシングサービスの審査では、勤続年数や年収、それプラス他社からのカードローンもそうですが、一般的な手続きの審査基準以上の条件であれば、他の人と比べて手続きの審査に通りやすい人と言えます。

READ  【クレジットカード審査と新卒の関係】

-未分類

© 2021 悩み解消【クレジット、キャッシングのはなし】 Powered by AFFINGER5